千葉県北西部エリアで介護施設を探すなら千葉高齢者施設紹介センター りんごの歌

千葉高齢者施設紹介センター りんごの歌

0120-605-315

お気軽にお問合せください【受付時間】8:00~20:00

ブログ

ケアマネジャーさんはどうやって決めるの?
お役立ち情報 2017年11月10日

こんにちは!りんごの歌の垣堺です!今回はケアマネジャーの決め方について解説していきます。

 

高齢のお父さんやお母さんが体のいうことが利かなくなってきましたというときは、病院に相談しますよね。その病院ではケアマネジャーという方がいて、どの程度なら動くのか、日常生活は送れるのか、もし薬を飲んでいるとすれば用法と用量を守りながら自身で管理しているのか、65歳以上の7人に1人はかかると言われる認知症にかかってないかなどを確認して、適正なリハビリをおこなったり、ご家族の方の介護が難しければ介護施設などを紹介します。

 

ケアマネジャーさんは病院や役所の介護保険課、地域包括支援センターなどで紹介してもらえます。また地域にある居宅介護支援事業所や介護事務所などにも所属しているので、街中で「デイサービス」などと張り紙が貼ってあるお店を見かけたらのぞいてみるのもいいかもしれません。

 

ケアマネジャーさんの受験資格は看護師さんや理学療法士、管理栄養士や社会福祉士、介護福祉士、介護ヘルパーなどの実務経験が5年以上ある方で、介護支援専門員実務研修受講試験に合格し、さらに87時間の研修を受けることで取得できます。

 

ですから例えば高齢のお父さんやお母さんの体がいうことが利かなくなってきたという場合は、介護福祉士の資格を持つケアマネジャーさんに聞くといいでしょう。また在宅酸素療法をしている方なら看護師の資格を持つケアマネジャーさん、また認知症を患っているなら認知症ケア専門士の資格を持つケアマネジャーさんというように得意分野がわかれています。

 

認知症ケア専門士とは認知症のケアに特化した資格をお持ちの方です。認知症の方が共同で住んでいるグループホームにとっては必要な資格ということで、最近注目されています。認知症ケア専門士のような頼れる存在の方がいると、安心して家族の方を任せられますね。

 

ケアマネジャーが決まったらケアプランを立ててもらいましょう。ケアプランとはこれからどのような生活を送りたいか目標を決めて、その目標に沿ってサービスを受けたり回数を決めたりする計画書です。介護サービスを受けるときに必要になるものです。

 

今できることはどんなことか、今できないことはどんなことか、そして今後したいこと、できるようになりたいことなどの目標を決めます。筆者の祖母もケアマネジャーさんを自宅に招いてケアプランを立てましたが、最初はそんな大げさにしなくてもと思ったのですが、昨日まで記憶もしっかりしていた祖母が急に認知症の症状が出てきたり、毎朝きちんと起きていたのに寝たきりになってしまったりといった生活が急変したとき、どうしたらいいかわからずケアマネジャーを呼んでケアプランを変更してもらったことがあります。

 

今思うと認知症の症状が悪化したときケアプランがなかったらまったく何をしていいのかわからず途方に暮れながら何カ月も過ごさねばならなかったでしょう。ですがケアマネジャーさんがケアプランを立ててくれたおかげで、認知症が発症してもプランを変更すればいいんだと、すぐに対処できたのはよかったと思っています。

 

 

今回は以上になります。

老人ホーム・介護施設選びでお困りでしたらりんごの歌までお気軽にご連絡ください。(0120-605-315)

りんごの歌 垣堺

一覧へ
資料請求・見学・ご相談はこちら
  • 資料請求
  • 見学予約
  • メール相談